EOS RP導入決定!レンズ、アクセサリーはどうする?

投稿者: | 2019年2月17日
この記事のURL:http://fortress.singspiel.jp/weblog/blog-entry-8.html

先の記事で表明したとおり本会ではキヤノンの新型機であるEOS RPを年内を目途に導入することを決定しているが、それに伴う機材繰りに関心が集まっている。


キヤノンEOS RP(3月下旬発売予定)

現在EOS Rシステム用のRFレンズは4本が発売中、6本が開発発表済みとなっているがこの中にEOS RPに適した小型軽量の標準ズームレンズはまだ入っていない。
一方で本会にはフルサイズ対応のレンズが残っておらず、本機に対応するレンズもEF-S 55-250STM ただ1本のみでしかもAPS-C専用のためマウントアダプター経由、クロップでの対応になってしまう。
今後はこれを代替する望遠ズームレンズの導入とフルサイズ対応の標準ズームレンズの購入を要するということになるが、後者についてはキットレンズの発売を予想しているため安価に導入できる必要がある。

望遠ズームレンズについてはRF70-300ISの特許が出ているものの製品化はまだ先になりそうであり、Lレンズになるのか普及機かどうかもわからない状況であり、またEOS Mを抱えているためこれとの共用も考えなくてはならずEF70-300IS2を導入するか或いは画質重視で中古のLレンズを導入するかの二択になりそうである。後者の場合は70-200/4LISと300/4LISを中古で入れることになるかと思われる。70-300LISでないのはテレコンを考えているからであり、より幅広い焦点域のカバーを狙っているということである。EOS RPは開放F11までAF対応なのでF8でも問題は無い。400/5.6に2倍テレコンでもAFが動く。
哨戒機の代替はまだ先であるが今後もEOS M系のカメラが続くというのが専らの観測であるため、どうしても標準ズーム以外のレンズを両者で共用できる必要がありEFレンズの選択になるかと思う。
EOS Mシステムで18-150IS高倍率ズームの導入構想があるが、RF24-240ISレンズはある程度大きくなってしまう(とはいってもタムロンA010程度だが)ためこれについては態度を保留している。
このレンズがあれば多くの撮影を一本で済ませられるのも事実なのだが。

RF24-240mm IS USMレンズ(外観サンプル)
RF24-240mm IS USMレンズ(外観サンプル)

一方アクセサリーに関しては手持ちの余剰アクセサリーの多くが流用可能であり、有線リモコンはRS-60E3が、予備バッテリーはLP-E17が使える。またストロボが内蔵されてないため別途用意する必要があるが、こちらもスピードライト270EXを保有しておりこれをとりあえずは使うことになる。
手持ちのワイヤレスリモコンが使えないという情報があり、ブルートゥースリモコンを別途購入することになりそうである。
またAC電源で使うためのアクセサリーに互換性がなく新規に購入しないといけない。でないと自撮り動画制作に使えない。
ストラップは先ヒモ10mmの物が使える。8mmでも付かなくはないが安定性に欠けるだろう…。
せめて標準ストラップにEOS RPのロゴを入れてほしかった。
LP-E17は手持ちと標準添付に加え更に1~2本追加で購入する計画である。

問題は標準ズームレンズである。
先述のとおりEOS RPに適した小型軽量のキットレンズがまだ発表されていない。
何がしか作ってはくると思うが。
RF24-105/4Lでは本機にはやや大き過ぎる嫌いがある。
過去にはEFマウントでコンパクトな標準ズームが出ていたのだがそれらは既にディスコンであり、サポートすら切れている。にも拘らずなかなか中古の出物が出てない状況である。特に24-85/3.5-4.5USMの人気が高いように思える。

EF24‐85mm F3.5-4.5 USM
EF24‐85mm F3.5-4.5 USM
380gと軽量である。

EF-Sもマウントアダプター経由で使えるは使えるのだが、自動クロップとなり焦点距離の1.6倍相当=1020万画素相当での使用となってしまうのである。
そうなると小型軽量な24‐85mmが俄然注目となるのであるが、既に争奪戦になっている可能性がある。

導入までに小型軽量なキットレンズが出るかどうか。
EOS M用ではEF-M15‐45mm IS STMという小型軽量な標準ズームがあり本会でも重宝しているが、これに相当する24-70/4-6.3辺りの沈胴式ズームレンズがほしいところである。
小さく出来るなら24‐85でもいいが、コンパクトさ優先で考えてもらいたいところである。

もし無理なら17-40/4L と50/1.8 STMで標準域までをカバーして70-300mm(または70-200/4LISと300/4L IS)で組んで標準ズームは出てからという方法もあるが全てマウントアダプター経由もどうか。
望遠レンズは元々大きくて当然なのであまり気にならないが、標準は…。
それと17-40mmはレンズはコンパクトだがフードが巨大という問題がある。広角ズームゆえに。
24-70/4L ISというレンズもあるが、フォーカスシフト問題で被写体を選ぶ上に中古にしてもややお高い。新品価格を考えればボロ安なのだが。
24-105/4LIS初代ならそこそこの値段だが、こちらはある程度大きさがあるしマウントアダプター経由なので更に長くもなる。

キットレンズが出てしまえばそれまでだが、どうなるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です